PICK UP

PICK UP 一覧に戻る

2019年01月08日

教育ニュースサイト「リセマム」に年頭所感を寄稿しました

2019年の年頭にあたり、受験や進路の教育ニュースサイト「リセマム」に教育業界をリ―ドする各社の「年頭所感」が掲載されています。

当社からは、教育事業本部長であり執行役員の中山隆英が寄稿しました。

その寄稿の内容をご紹介します。

 

【年頭所感】教育業界のキーマンに聞く2019年(2)

株式会社東京個別指導学院 執行役員 教育事業本部長・中山隆英

 

教育業界にとって2019年は、「2020年教育制度改革」に向けた大切な1年になります。すでに学校教育や入試制度の変更は始まっており、お子さまに求められる力や学習塾に課せられる役割も少しずつ変化してきました。
 お子さまが時代に沿った学力を適切に身につけていけるよう、支えるご家族のみなさまが迷わずに歩みを進めていけるよう、東京個別指導学院は、アダプティブラーニング・英語4技能対策・アクティブラーニングといった新たな指導ノウハウを取り入れ、「1人ひとり」に合った個別指導にさらに磨きをかけてまいります。
 変わりゆく時代や教育制度の中にあっても、変わらないのが「人の価値」です。お子さま1人ひとりに合ったベストパートナーをお選びいただける当学院の講師陣は、多くの志望者の中から選抜され、研修を積み重ねています。お子さまを課題解決・目標達成に導くべく指導力に磨きをかけ、全国247の教室でみなさまをお待ちしております。
 技術革新目覚ましい社会の中で、お子さまが主体的に積極的に生き抜いていけるように、東京個別指導学院は「人の価値」を大切にして、本年もお子さまの未来に貢献してまいります。

「リセマム」教育業界のキーマンに聞く2019年(2)

https://resemom.jp/article/2019/01/01/48414.html

 ※複数社が掲載されており、当社の念頭所感はページ最下段となります