COMPANY

社長あいさつ

他者と共創し、「未来を切り拓くチカラ」を。 他者と共創し、「未来を切り拓くチカラ」を。

写真:代表取締役社長 齋藤 勝己

東京個別指導学院は、1985年の創業以来、「やればできるという自信」「チャレンジする喜び」「夢を持つ事の大切さ」これら3つの教育理念を掲げ、教育を通じて1人ひとりの大切な人生を輝かせる事に全力を尽くしてまいりました。
 当社の目指す教育は、私たちがホスピタリティをもってこの教育理念を実践することで、子どもたちが他者と共創し、「未来を切り拓くチカラ」を身につけていくことです。

社会の変化をみると、グローバル化が加速し、AIやIoTなど、様々な分野でイノベーションが進んでいます。変化の激しい予測不能な社会、過去の延長線上にない未来が訪れるといわれています。さらに、国内では、少子高齢化の中、人生100年時代を見据えた、社会の変化に対応した柔軟な生き方について議論されています。

このような時代に、当社が育んでいく「未来を切り拓くチカラ」とはどのようなチカラでしょうか。私たちは、2つのチカラが必要だと考えます。
一つ目は「主体的にチャレンジするチカラ」です。
主体的に、自分のありたい未来を描き、チャレンジし、自ら未来を切り拓くチカラです。
二つ目は「共創するチカラ」です。
価値観の異なる他者と対話を通して相互理解を深めながら、相互信頼し、共に成長し、共に喜び、共に夢を実現するチカラです。
 私たちは、この2つのチカラを育むために、ホスピタリティをもって、教育理念を実践します。私たちが考えるホスピタリティとは、皆様との信頼関係を何よりも大切に、皆様が求めていることを超えたサービスを提供し、共に成長し、相互満足することです。

私たちは、教室で様々な教科を教えてるだけではなく、子どもたちが「未来を切り拓くチカラ」を育むための成長体験を提供しています。私たちは、想いをひとつにして教育の質をたゆまず追求し続けるとともに、子どもたちの「未来を切り拓くチカラ」を育み、共に成長し、共に喜び、共に夢を実現する「共創する未来」の実現に貢献してまいります。

代表取締役社長