Initiatives for the SDGs持続可能な開発目標のために

健康経営の推進 一覧に戻る
  • 働きがいも経済成長も

2019年02月25日

「健康経営優良法人2019(ホワイト500)」認定のお知らせ

ベネッセグループの株式会社東京個別指導学院(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:齋藤勝己)は、2019年2月21日(木)、経済産業省及び日本健康会議が認定する「健康経営優良法人2019(ホワイト500)」に認定されましたので、お知らせいたします。

 当社は、人と人との関わり合いの中で価値を届けるホスピタリティ経営を実践しており、人の活力こそが事業成長の源泉だと捉えています。従業員が長期にわたり能力を発揮し続け高い活力を維持するためには、心身の健康維持向上が重要と考えています。そのため当社は、健康管理の推進を軸に、

 

 ①生活習慣病などの疾病高リスク者に対する精密検査案内や多様な検診への補助

 ②従業員の被扶養者も利用・参加できる施策の充実や、従業員以外が利用できる施設や施策の充実

 ③女性のための乳がん等のセミナー開催

 

などの取り組みを行ってきました。

 

 今後も従業員の健康維持向上の取り組みを通じ、従業員の活力向上といきいきと働くことができる職場環境づくりを実施してまいります。

 

【健康経営優良法人認定制度】

 健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。

 

出典:経済産業省 Webサイト:「健康経営優良法人認定制度」

http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenkoukeiei_yuryouhouzin.html

 

IRリリース資料はこちらから

pressN_20190225