Initiatives for the SDGs持続可能な開発目標のために

一覧に戻る
  • 働きがいも経済成長も

2022年03月09日

「健康経営優良法人2022」認定のお知らせ(4年連続)

ベネッセグループの株式会社東京個別指導学院(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:齋藤勝己)は、2022年3月9日(水)、特に優良な健康経営を実践している法人として「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」に認定されましたので、お知らせいたします。なお、「健康経営優良法人」の認定は4年連続となります。

当社は、人と人との関わり合いの中で価値を届けるホスピタリティ経営を実践しており、人の活力こそが事業成長の源泉だと捉えています。従業員が長期にわたり能力を発揮し続け、高い活力を維持するためには、心身の健康維持向上が重要と考えています。

 

今後も、従業員が健康でいきいきとお客様と接することで、一人でも多くの「笑顔あふれる未来」に貢献することを目指します。

 

 

●2021年度の健康管理の推進を軸とした具体的な取り組みは以下の通りです。

 

①生活習慣病などの疾病高リスク者に対する精密検査案内や多様な検診への補助

②従業員ばかりでなく従業員の被扶養者も利用・参加できる施策や施設の充実

③個別教室部門すべてが参加する健康維持・向上を目的とした事例共有や産業医による講話を実施

④新型コロナウィルスの影響を受けて顕在化した運動不足解消のためのオンラインフィットネス講座開催

⑤女性のライフステージに合わせた健康管理に関するオンラインセミナー開催

⑥従業員が持続的に働き続ける環境づくり推進を目的としたオンライン介護セミナー開催

⑦新型コロナウィルス感染予防対策として、予防グッズの配布、サーマルカメラの設置、清掃・消毒の徹底、ソーシャルディスタンスに配慮した座席配置、クリアパーテーションの設置、在宅勤務の推進。また、アルバイトを含めた全従業員が職域接種を受けられるよう適宜案内を実施

 

 

当社の健康経営の詳細については下記ページをご覧ください。

健康経営の推進

 

 

〔健康経営優良法人認定制度〕

地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

 

健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。

 

出典:経済産業省 Webサイト「健康経営優良法人認定制度」

http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenkoukeiei_yuryouhouzin.html