EN

Initiatives for
the SDGs
持続可能な開発目標のために

健康経営の推進

従業員の健康維持向上による活力の創出

当社は、人と人との関わり合いの中で価値を届けるホスピタリティ経営を実践しており、人の活力こそが事業成長の源泉だと捉えています。従業員が長期にわたり能力を発揮し続け高い活力を維持するためには、心身の健康維持向上が重要と考えています。

そのため当社は、健康管理の推進を軸に、①生活習慣病などの疾病高リスク者に対する精密検査案内や多様な検診への補助、②従業員の被扶養者も利用・参加できる施策の充実や、従業員以外が利用できる施設や施策の充実、③女性のための乳がん等のセミナー開催
などの取り組みを行ってきました。

2019 年 2 月には、経済産業省及び日本健康会議が認定する「健康経営優良法人2019(ホワイト500)」に認定されました。今後も従業員の健康維持向上の取り組みを通じ、従業員の活力向上といきいきと働くことができる職場環境づくりを実施してまいります。