EN

Initiatives for
the SDGs
持続可能な開発目標のために

ベネッセサイエンス教室 STEMプログラミングコース

思考力を伸ばしながら「持続可能な社会」にチャレンジ

東京・豊洲で開講した「ベネッセサイエンス教室 STEMプログラミングコース」では、プログラミングで身近な社会問題を解決することにチャレンジする「SDGs発想のプログラミング」を実践しています。

一つの授業では、ロボットを「災害救助ロボット」と見立てて現場に派遣するためのプログラムを考え、街で起こり得る災害の想定や防止策についてテクノロジーを活用するアイデアを発表し合います。社会の営みとテクノロジーを結びつけて考える体験が、予測不能な未来を「持続可能な社会」へつなげるチャレンジになるのです。

「STEMプログラミングコース」を通じて「課題解決力」や「協働する力」、「プログラミング的思考力」を身に付けることができます。社会課題をテーマにした教材を用いることで社会の持続可能性への関心の芽を育て、仲間と力を合わせて課題を解決するパートナーシップを培い、未来を切り拓く人を育むことを目指しています。

・iPad、Apple TV:Apple、iPad、Apple TVは、米国もしくはその他の国や地域におけるApple Inc.の商標です。
・littleBits、DROID INVENTOR KIT :littleBits、"DROID INVENTOR KIT"は、littleBits Electronics Inc.の商標です。
・ScratchJr : スクラッチジュニア はタフツ大学のDevTech研究グループ 、MIT メディアラボのライフロング幼稚園グループ、プレイフルインベンションカンパニー の共同制作です。
詳しくは http://scratchjr.org
・Scratch:ScratchはMITメディアラボのライフロング・キンダーガーテン・グループが設計、開発、維持を行っています。
・Pyonkee:Pyonkee(ピョンキー)は、合同会社ソフトウメヤが、MITメディアラボのScratchソースコードライセンスにしたがって、Scratchをベースに開発したiPad用のアプリケーションです。AppStoreから無料でダウンロードできます。詳しくは以下のWebサイトをご覧ください。
http://www.softumeya.com/pyonkee/ja/