EN

東京個別
指導学院の業績

東京個別指導学院の業績

2021年2月期の業績は新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けましたが、2020年2月期までは8期連続で増収増益を達成しています。

  • 8期連続の増収増益を達成
    (2020年2月期まで)
  • 在籍生徒数の堅調な推移

主な経営指標

【売上高・営業利益】

当社は2021年2月期において、売上高は対前期比90.0%、営業利益は対前期比20.6%となっています。
※当社は、2020年2月期第4四半期より連結財務諸表を作成しております。2019年2月期以前の実績は単体実績を記載しており、 2020年2月期以降との比較は参考値となります。

【在籍生徒数推移】

安定した講師採用と講師育成の仕組みによって教育サービスが向上し、顧客満足度が高まっています。また、テレビCMからWebマーケティングへのメディアシフトや、お客様ニーズを重視したマーケティング活動により問い合わせ数が増加したことも寄与し、堅調に推移しております。2021年2月期は新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う教室休校等の影響を受け在籍生徒数が減少しました。

【教室数推移】

人口集中エリアを中心とするドミナント出店を継続し、2021年2月期においては、すべて直営の261教室となりました。