東京個別指導学院

東京個別指導学院
関西個別指導学院
にご通塾を
ご検討の方はこちら

Benesse

TKGパートナーズ・アカデミー

【by the jobラーニング】で大学生講師が社会人基礎力を高め合う 2つの支援と7つのプログラム

東京個別指導学院と関西個別指導学院の講師には、大学とは全然違う成長機会がたくさんある。そのひとつがこのアカデミー。他ではできない「by the jobラーニング」とは何だろうか?

旧名称「TEACHERS’ SUMMITアカデミー」から拡大リニューアル

 1万人超の大学生アルバイト講師を大切なパートナーと捉える東京個別指導学院は2022年9月、人財育成機関【TKGパートナーズ・アカデミー】を開校しました。【社会が求める力=社会人基礎力を主体的に学ぶ機会】を提供することで講師のファーストキャリア形成を多面的に支援します。

 

 コンセプトは【対話を通して共に学び、共に成長する】。目指すゴールは【社会で必要とされる力を磨き、自身の“ありたい姿”を描いている状態】です。

 

 旧名称「TEACHERS’ SUMMITアカデミー」から拡大リニューアル。「座学での学びを働く場で実践することで、さらに学びを深める」という東京個別指導学院独自のメソッド【by the jobラーニング】を導入しました。

 

 TKGパートナーズ・アカデミーには、成長支援就職活動支援の二本の柱があります。

成長支援【リーダーシッププログラム ~ビジョンを描く力と他者と共創する力~】

 5年間で約700名が参加した、当アカデミーの看板プログラム。大学3年生のリーダー講師が半年をかけてリーダーシップを磨く講座です。経済界の声を参考にプログラムを練り上げ、2017年に開講しました。

 2020年からオンラインに切り替えていますが、対面講義と同様に対話を大切にし、一対一やグループでの対話の機会を頻繁に設けました。また、座学での学びを教室業務で実践することで、新たな気づきや学びを得られるように設計しています。

 

 

(注:2022年度最終回は下記日程を変更し、11月25日・26日に実施します)

成長支援【総合プログラム ~自分を知る~】 

 大学生活に慣れてきた2年生に自分らしい夢やキャリアを探すための第一歩を踏み出してほしいと、今期からテスト導入した新プログラムです。ポイントは、基礎を定着させるための「実践」と「メンタリング」にあります。メンターとして大学4年生の先輩講師が活躍していま

成長支援【Future Career School  ~新しい企業・まだ見ぬ業界との出会いを提供~】

 業界のトップランナー企業が参画し、対談形式の企業講演と双方向でのワークショップ型セッションを提供します。半導体のリーディングカンパニー志望企業ランキング上位の製造小売世界120国の企業を顧客とするコンサルティングファーム日本発のITメガベンチャー日本を代表する飲料の製造販売、といった企業が参画しています。

 Future Career Schoolは参加対象者の学年を問いません。定員は各回500名です。

 

■今後の実施予定 10月29日 、11月12日

就職活動支援【TKG×dodaキャンパス 就活スタート講座、就活支援セミナー】 

 大学生における就職活動支援のプロである株式会社ベネッセi-キャリアと連携。ベネッセグループのシナジーをフル活用して、大学3年生と大学院1年生の就職活動を全面的にバックアップします。

 

 TKG講師経験を就活に最大限に活かすためにベネッセi-キャリアがレクチャーする「TKG×dodaキャンパス」オリジナル講座は、2022年5月から8月末までに600名が参加し、今年度中の累計1,000名の参加を見込んでいます。

就職活動支援【アルムナイによる業界研究支援セミナー】

 さらに、アルムナイ(TKG講師経験のある社会人)が、自らが勤務する業界を解説するセミナーも開催。講師経験がどう社会に生かされるかが具体的に解説され、貴重な情報インプットの機会となっています。

就職活動支援【教員採用試験対策セミナー】

 教員採用試験に詳しく、学校教諭・大学教授を歴任している当社顧問が講師を務めます。教員採用試験に欠かせない面接・論文対策を重要テーマ別に実施します。

TKGパートナーズ・アカデミー学長よりご挨拶

齋藤 勝己

TKGパートナーズ・アカデミー学長

株式会社東京個別指導学院 代表取締役社長

リーダーシッププログラム監修、特別回担当

 

 TKGパートナーズ・アカデミーは、多様な仲間との対話で共に学び、共に成長する学び舎です。過去の延長線上にない未来が訪れる変化の時代においては、「自分のありたい姿=ビジョン」を描く力と、多様な他者と共創して新たな価値を創造する力、この二つが必要になります。この力を仲間と共に高め合いましょう。

SDGsトップへ戻る